歯医者で歯を白くしたいけれども高いのが悩み

人と話している時に特別注目しているわけではないけれども、何となく口腔内の様子が気になってしまうことがあります。特に、年齢を重ねていくと白い歯がどんどん黄ばんでしまったり、虫歯ではないものの歯と歯の間の汚れが目立つようになって、あまり清潔感を感じません。そこで、歯医者でのホワイトニングを考えてみたのですが、疾患の治療ではないことから保険が適用されないことを知りました。さすがに全額自己負担となると躊躇してしまうのですが、自宅で行うホワイトニングよりも歯医者での施術のほうがずっと効果が高いため、とても気になっています。ただ、歯周病治療や歯石の除去といったクリーニングであれば治療となるため、保険が適用される場合が高いとのことでした、漂白が目的ではないとはいえ、少しでも保険が効く範囲で歯が綺麗にできるのであれば、受けてみたいと考えています。その治療のついでに詳しいホワイトニングの話を歯医者で聞いてみようと思いました。

ちょっとした気遣いが嬉しい歯医者

歯医者にいった時に、いろいろなことに気づくことがあります。それは、なんといっても一回受診をすると、その後にずっと通院をすることが多くなるからです。通常の病院の場合は、一回で終了することが多いですね。ところが歯医者の場合は、何度も行くことになります。その何度も通院をしていると、いろいろなことに気づくのです。その一つとして、ちょっとした気遣いが嬉しいですね。例えば、顔に小さいタオルをのせてくれるのはありがたいです。それをのせてもらえることで、不安が少なくなります。自分が治療をされているのがわからないのでその分、不安が少なくなるのです。もしも見えていたら、どんなに不安だろうと思うことがありました。またひざ掛けを準備してくれるのも嬉しいですね。特に女性の場合は、スカートで行くこともあるので、その時にひざ掛けがあると安心して座ることができます。それは本当にちょっとしたことですが、それについて感動します。

患者さんのストレスを考えた歯医者

正直なところ、歯医者が大好きであるという人は非常に少ないことでしょう。歯の治療には痛みが伴うこともあるために、なるべくなら歯医者には行きたくないと感じるものです。このような患者さんの心理を考慮し、歯医者の多くは患者さんがストレスを感じることがないように様々な工夫を凝らしています。まずたいていの歯医者は待合室や治療室を清潔でリラックスできる状態にキープしています。また多くの場合、白くて落ち着ける壁を設けており、小音量で音楽を流してます。歯医者に来るのは大人だけではありません。幼い子どもも来ます。このような状況を考慮し、子どもが楽しめる絵本などを待合室に用意している歯医者もいます。また患者さんのプライバシーのために隣の治療台に座っている他の患者さんとの間に仕切りを設けている歯医者などもあります。加えて治療中に優しい言葉をかけるなどして不安を和らげてくれる歯医者もいます。このような気遣いが患者さんのストレスを軽減しているのです。相模原 矯正歯科